頭文字Dな日々

頭文字Dの原作・アニメ・音楽・映画・グッズ・その他諸々やハチロク関係に関して、温かい目で謎や感想、レビュー、考察を書き留めておくブログです。

*

Fifth Stageでまさかの…

 

早いもので、4月からANIMAXで毎日放映してきた頭文字Dシリーズも、とうとう今日で一気に終了。
これまで何度も見てきているのに、やっぱ終わってしまうというのはさみしいなーという心境なわけで。
まあ録画してるやつをまた見直すんだけど、リアルタイムでやっているのを見るというのが楽しいわけで。

で、Fifth Stageで、というかストーリー上クライマックスの最終戦まぎわまでやってきて、まさかのエピソードがつい数話前に出てきたわけです。

これまで、どんなに事故ってもクラッシュしても、せいぜい怪我人までしか出てこなかったこの頭文字Dで、まさかの死者が。。
しかも危険走行のドライバーじゃないし。
お盆も近いからこの話、ってわけではないだろうけど。。

これ、原作連載中に、本気で「え???」という感じだった。
この漫画にこんな重いエピソードありなんだ? みたいな。

そしてここから主役が、これまでの拓海から涼介へと入れ替わる感じになっていった。
原作の最終回を読んだとき、「涼介さんの涼介さんによる壮大なストーリーだったな~」と、しみじみ思ったもんね。
ずっと主役かと思っていた拓海が、実は脇役だったとは。

しかしこの点、アニメ最終回ではうまく演出されてて、きれいにまとまってた。
これはこれですごい。
なかなか良い終わり方だと思う。未見の方、今夜必見ですよ、と。

それにしても、香織さんについては、あまり深く考えてはいけないんだろうな。
大人と子供が同居しているというような性格の人は割りといるので、どんな感じかはだいたい想像がつく。
ここまではいい。

けど自殺って…。あまりにもこの漫画の世界観と離れてるような。

涼介と凛のバトル最後の場面で、彼らの気のせいではなく「そこにいた」っていうのもちょっと怖いんですけど。
気のせいではなく香水が香ってくるとか。

香織の親父も親父で、北条家との取引がなければ経営が行き詰るような状況なのに、あんな豪邸に住んでたらいかんでしょ。
もうちょっとつつましい生活しようよ。それか取引先の新規開拓。

この件、北条弟の豪さんが一番冷静に見ている。当事者ではないけど、関係者だからかな。
「バカな女さ。自殺なんかするから残された者たちの人生が狂う」

けど、この香織さんについて一番印象的なのは、ちゃんと顔が描き分けられていたこと。目がちょっと違う。

まあいろいろと思うところはあるんだけど、いくら架空の話とはいえ、テーマが重過ぎるんで書きにくいなあ。。

とりあえず、ストーリー序盤から、容姿端麗・頭脳明晰・金持ち・ドラテク半端無い…などと「あらゆる点で天才的なキャラなのに、なぜか幸薄い感がぬぐえなかった涼介」が、いい意味で普通の人になれて良かった、と言っておきます。

Posted by Silvia

 - 頭文字Dストーリー

  関連記事

アニキ対決・2

京一がせっかく1年間修行に励んできて、涼介にリベンジマッチを申し込んだのに、その …

ちょっと気づいたこと・5

拓海対中里戦。 5連ヘアピン第一コーナーあたりと、中里ガードレール激突地点のギャ …

ちょっと補足

場面によって、登場人物のルックスに結構差がある。特に夜のシーン、顔に影の入り方がちょっと違う

キャラ語録 ~清次編・1

「ディープだぜぇ、ダウンヒルってやつは」 拓海とバトル中、ゴール間近でも尚ハチロ …

リベンジマッチ

群馬内だけで走っていた頃は、みんな一度負けても「リベンジだ!」と名誉挽回に余念が …

京一の「走り屋としての心構えセミナー」開催・その2

京一の「走り屋としての心構えセミナー」開催・その1のつづき。 そのバトル直前に拓 …

頭文字D Fourth Stage Vol.10 その2

埼玉編が非常に長かったせいか、まだランエボ戦が続いてる気がしてたので、パッケージ …

中村 賢太

昨日、賢太についてコメントをいただいたので、引き続き賢太ネタで。 カネが無いから …

もうひとつの溝走り その2

やったことがないので憶測の域を出ないんだけど、実は立ち上がり重視の溝落としのほう …

関東最速プロジェクト

なにゆえ、「関東最速」を目指すのか・・・???非常に謎だ。「俺たちは“関東人”だ …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。