頭文字Dな日々

頭文字Dの原作・アニメ・音楽・映画・グッズ・その他諸々やハチロク関係に関して、温かい目で謎や感想、レビュー、考察を書き留めておくブログです。

*

岩城 清次

 

エンペラー NO.2。

登場からして、どう見ても「嫌なヤツ」の典型である。
他人を馬鹿にしきって、「Out of 眼中!」というセリフは強烈に耳に残る。
更にバトルして負けた相手チームのステッカーを真っ二つに切り裂き、自分の車に勲章のごとく貼り付け、これからは出会ったら無条件に道を譲れなどとも偉そうに言い放つ。

しかし、なぜか憎めないキャラである。なぜだろう。
それはきっと、京一が的確なフォローを入れているからかもしれない。
拓海やイツキにいきなりからんだときも、京一の指示を無視して勝手な走りに出た挙句にバトルに負けたときも、京一に思いっきり叱られている。ぶっとばされてもいる。

ところが、ここで普通ならキレて殴り返したりするストーリー展開も考えられるのだが、清次は何を言われてもじっと耐え、その通りでしたとばかりに京一に頭を垂れる素直さを持っている。
この、二人の行動が嫌悪感を抱かせない理由なんだろうなと思う。

Posted by Silvia

 - 頭文字Dストーリー

  関連記事

小柏親子の会話より

「いろは坂には、時としてインベタのさらに内側にラインが生まれる」 「それをやれっ …

こんな頭文字Dを見てみたい・1

遠征途中で渋滞にはまるDチーム。  #前回のエントリーを受けて

もうひとつの溝走り その1

文太との会話の回顧シーン。 「コーナー入り口でアンダーを出さないための突っ込み重 …

ハコスカ世代

最近はもう頭文字Dかクレイジーケンバンドしか聴いていないという、非常に偏った音楽 …

似たもの同士

バトル前に啓介に自慢のスーパーチャージャーを見せる渉。 なんでそういう秘密兵器( …

Fifth Stageでまさかの…

Fifth Stageで、というかストーリー上クライマックスの最終戦まぎわまでやってきて、まさかのエピソードがつい数話前に出てきたわけです。

プロジェクトD 遠征スケジュール

今回のヤンマガで、次は神奈川だ、って言ってたのにちょっと驚いた。 この流れでいく …

頭文字D Fourth Stage Vol.5

セブンスターリーフネタでも書こうかと思ったけど、4th Stage Vol.5を …

リベンジマッチ

群馬内だけで走っていた頃は、みんな一度負けても「リベンジだ!」と名誉挽回に余念が …

恋愛小話

この漫画には、いくつかの失恋話が出てくる。 拓海&なつき、池谷&真子、イツキ&和 …

Comment

  1. 聖美 より:

    岩城清次大好き!!
    再放送してほしいです!!
    頭文字Dのゲームは楽しいです!!

  2. ブログ作成人 より:

    聖美さん、こんにちは。はじめまして。
    清次ファンなんですね。清次好きって人はなかなかいないけど、自分的にはやっぱ憎めないキャラです。
    愛すべきNO.2とでもいいましょうか。。
    こういう人って多分、単純な分、性格はまっすぐで根は好いタイプだと思います。

  3. 聖美 より:

    岩城の彼女になりたいのですが・・・
    今度の映画で岩城清次を出してください!!

  4. ブログ作成人 より:

    思うに、今回の映画では、各チームのリーダーしか出番が無いって感じですね。
    今回清次が出るかはわかりませんが、そのうち(多分ありそうな)続編では出てきそうな気がします。

  5. 聖美 より:

    えぇぇぇぇぇぇぇ!!
    そんな・・・
    あの、岩城清次のポスターないんですか??

  6. ブログ作成人 より:

    どうでしょうね。この様子だと、無いかもしれませんね。
    まだ続編が出そうな様子のようなので、焦らず次回以降に期待しましょう。

  7. きよ より:

    あの、こんどきかいがあったらしげの秀一さんに岩城清次の髪しばってない顔を書いてくださいと言ってくれませんか??
    お願いします!!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。