頭文字Dな日々

頭文字Dの原作・アニメ・音楽・映画・グッズ・その他諸々やハチロク関係に関して、温かい目で謎や感想、レビュー、考察を書き留めておくブログです。

*

カウンターアタック

 

カウンターアタックとは?というコメントをいただいて、なんとなくそれまで思っていたことを書いたけど、改めて考えてみた。

「カウンターアタック」っていうと、サッカーやボクシングなどスポーツでよく言う「カウンター攻撃」「カウンターが入る」などを連想するので、てっきり京一のもそういうことだと思い込んでいた。恐るべし、先入観。
しかし、よく考えてみると、やっぱり違うような。もしかしたらすごい勘違いしてるっぽいことに気づいた。

京一のカウンターアタックってのは、連続コーナーでインとアウトが逆転するときに、アウト側にいたポジションがインに入れ替わって追い抜くってことかと思う。

この場合の「カウンター」ってのは、「反撃の“反”」ではなくて、「反対側」って意味なのか。やっぱりこっちかな。
でも、坂本との対戦時、2回目に追い抜きを仕掛けた拓海はイン側から直接抜きにかかってるんだけど。これを失敗してようやく、「カウンターアタックじゃないとしたら・・・」なんて思ってるんだよね。とすると、カウンターアタックのつもりでインから追い抜きかけてたのかな。謎。

それにしても、京一の走りってシンプルなはずなのに、よく見るとこれ以外に実はわかりにくいところが結構ある。奥が深いって言うのかな。(それはちょっと言いすぎ?)
「京一の走りはそういうところが玄人好みだ」という人もいるんだけど、なんかわかるような気がしないでもない。

Posted by Silvia

 - 頭文字Dストーリー

  関連記事

小柏親子の会話より

「いろは坂には、時としてインベタのさらに内側にラインが生まれる」 「それをやれっ …

公道最速理論

「ストレートで速い走り屋は初心者、コーナーを極めて中級、上級者ともなれば、ストレ …

HDリマスターでFinal Stageまで完全走破!

4月から“5ヶ月にわたって”、ANIMAXでスタートらしいです。(結構長いんだね …

頭文字D Fourth Stage Vol.10

やべぇ、観ちゃったよ。。 ドツボな仕事にハマって、時間が無いとかVol.10も観 …

Battle Stage

久々にBattle Stageを見た。 1st Stage~2nd Stageま …

PROJECT.D表記法

非常に今更なことなんだけど、そもそもなんで、”PROJECT&#82 …

エンペラー、秋名へ乗り込むの巻

中里を打ち負かし、ナイトキッズのステッカーを切り裂いて自分の車に貼り付けた清次。 …

アニキ対決

この漫画で「アニキ」といえば言わずと知れた「高橋兄」のことである。 しかし、もう …

頭文字D Fourth Stage Vol.10 その2

埼玉編が非常に長かったせいか、まだランエボ戦が続いてる気がしてたので、パッケージ …

『頭文字[イニシャル]D 総集編 ~プロジェクトDへ向けて~』 放映決定

「ANIMAXで完全走破!全てあわせて86話!」というアニマックスでのCMで、ほ …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。