頭文字Dな日々

頭文字Dの原作・アニメ・音楽・映画・グッズ・その他諸々やハチロク関係に関して、温かい目で謎や感想、レビュー、考察を書き留めておくブログです。

*

ちょっといい場面

 

慎吾とのガムテープデスマッチ。何が何でも勝とうとする慎吾だがハチロクにさらっと追い抜かれ、「俺が抜かれるなんて、理解できねえんだよ!」とキレる。

そして「このバトルの結果は、ダブルクラッシュといこうぜ!」と擦り寄るがこれもすっと交わされ、ガードレールに激突。(そして悲しいBGMが・・・実はmoveの曲)

ポンコツになるEG6と涙目の慎吾。
自分の愛車がクラッシュして、ようやく大事なものに気づいた様子。

「俺の・・・EG6・・・」

拓海が事故っていたらいち早く見つけて病院へ連れて行こうと、彼らの後を追いかけていた池谷先輩と健二先輩。慎吾のいる場所へ近づく。
二人に背を向ける慎吾。

(池谷先輩) 「なあ、やっちまったのか?」
(健二先輩) 「よくこんなもんですんだなあ」
(池谷先輩) 「それよりオマエ、大丈夫か、怪我は?」
(慎吾) 「・・・」
(池谷先輩) 「乗れよ、俺の車に。病院まで行ってやるから。救急車呼ぶより、ずっと速いぞ」
(慎吾) 「・・・そこまでしてもらうわけにはいかねえよ。電話だけしてくれればいいから」
(池谷先輩) 「無理すんなよ。痛いんだろ」
(健二先輩) 「事故ったときはお互い様だぁ。俺ら、地元だから、救急病院知ってんだ」
(慎吾) 「すまん。恩に着るぜ・・・すげえヤツだな。あのハチロク、いったい何者なんだ?」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

地味だけど、なかなかいい場面だと思う。
それに、電話してから現場に到着するまでの時間を抜きにしても、救急車より池谷先輩の車の方が速いんだろうなあ、やっぱり。

Posted by Silvia

 - 頭文字Dストーリー

  関連記事

頭文字D@最近のヤンマガ数話

バトルはしばらく中断して、拓海のプライベートの話に。 早朝から出発して神奈川の海 …

頭文字D ACT.20にm.o.v.e.出演!

つ~か、公表されてたんじゃん。なーんだ。 http://avexmode.jp/ …

リアリティ・2

前にも書いたように、この漫画でどこまでリアリティを追求するか?ってのは難しいとこ …

ちょっと補足

場面によって、登場人物のルックスに結構差がある。特に夜のシーン、顔に影の入り方がちょっと違う

必殺・溝落とし走行

拓海お得意の必殺技、溝走り。バトル時に、車のパワー差で負けてる場合に威力を発揮す …

ちょっと気になること・延彦編

延彦の長方形フレームメガネ、あれはオシャレなのかダサいのか全然わからない・・・。 …

神奈川の峠

ヤンマガ連載の次の遠征地、H市の峠とは? について、コメント&情報くださった皆さ …

頭文字D Fourth Stage Vol.9その2

ここんとこ忙しくて、またすっかり間が空いてしまった。 Vol.9も、発売されてか …

www.project.d…. つづき

www.projectd…で「それっぽい」サイトが見当たらない、って …

Fifth Stageでまさかの…

Fifth Stageで、というかストーリー上クライマックスの最終戦まぎわまでやってきて、まさかのエピソードがつい数話前に出てきたわけです。

Comment

  1. ねこグレイさん より:

    このシーンはすごく良く覚えていますよ!
    「こいつら、すげーいいヤツ」って思いました。
    走り屋を助長させる良くないマンガだ、と始めは思ったりしたものですが、こういうシーンがあるからイニDは好きになりました。

  2. ブログ作成人 より:

    秋名の人々を筆頭に、基本的にみんないいヤツですよね。慎吾も清次も最初はやなヤツだったけど、あんま憎めないキャラだし。
    もっとも、プロジェクトDで県外遠征すると、とんでもない連中とか出てきますけど。。

  3. はじめまして☆お邪魔します。
    このバトルは、拓海が慎吾を更正させたようなモンですよね♪(笑)私の大好きなシーンの一つです。
    私もヴォーカルバトルについてはツッコミ所満載なんですけど(笑)またいつか・・・♪

  4. ブログ作成人 より:

    こんにちは、ちぇきおさん。
    拓海とバトルすると、皆ことごとくいいやつになっていきますね。
    ヴォーカル・バトルのコメント、途中まで書いてあとはすっかり後回しになってしまってました。
    ちぇきおさんも是非突っ込みを入れてください。

  5. ねこグレイさん より:

    プロジェクトDのあたりから、私は見ていないのです。息子はDVD借りて見ていましたが、私は忙しくて一緒に見られなかった。
    ここから「D」の名前の由来があるのでしょうか。

  6. ブログ作成人 より:

    頭文字Dの「D」はドリフトの頭文字のDだと聞いたことがありますが、プロジェクトDのDってなんでしょうね。涼介が「Dにこめられた本当の意味は別にある」とかって言ってたのは覚えてるんですが、ねこグレイさんに言われるまで今までそのこともすっかり忘れてました。

  7. まゆ より:

    確かにこの場面、いい場面でした・・・。池谷先輩いいやつだ。

  8. ブログ作成人 より:

    まゆさん、こんにちは。はじめまして。
    池谷先輩は、かなりマイナス思考で気弱なところもあるけれど、要所で結構いいところを見せたりしてますよね。
    なかなか「活躍」する場面が無いですけど、重要な登場人物だと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。